サコサコステーション

徒然の思いを記してます。ごゆっくりどうぞ。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
kanikuso公演情報
kanikuso 第15回公演
二人芝居「あるく。はしる。すすむ。」
2015年11月27日(金)〜11月29日(日)
作/演出 : 迫田 元
チケット予約はこちらより

■劇場
新宿サニーサイドシアター

■CAST
斉藤 太一(kanikuso)
渡辺 文香(kanikuso)
kanikuso公演DVD販売
昨年夏に行いました、
kanikuso PRESENTS
オムニバス公演#1
「春のは、夏のな。」
DVD販売を受付けております。
ご購入はこちらより
春夏フライヤー

Webラジオ「じゃむ☆ぽろり」

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 顔を合わせるということ。 | main | 公演フライヤーです。 >>
はーじ、まったー。
稽古始まりました。
来月の本番まで1か月。怒涛でしょう。

中盤まで台本を配り、読み合わせしました。
初見、苦手な人は苦手ですね。
おいおいおい大丈夫か?!と毎度思わせてくれる方がいます。
まあでもそこは初見は初見だから。
そう思わせてくれると信じています。

脚本・演出の側としては、この稽古初日に初めてそれぞれの役に体温を感じられるこの瞬間が、 とても重要です。この新鮮さは、稽古を重ねていくにつれ確実に落ちていきます。
鮮度を保ち、ブラッシュアップしていき、お客さんに届ける。
これがなかなか難しいのです。
でも難しいからこそ、やりがいがあるのです。

稽古後の食事で少し会話したんだけど、これまで描いてきたものよりももう少し深い部分というか、これまでと違う角度から見た人間の心理、といったものを形作っていきたい。
そういう新しい視点へのヒントは宮野監督からもらった。やはりこの方只者ではない。
36年生きてきて、人間てモノを少しは理解してきたつもりだったが、まだまだ底なしの深さがある、それが人間だと気づかせてもらった。
話しだすと長くなるからやめよう。

役者さんには舞台っていいわ。と思わせてもらいました。
稽古が楽しみです。

忙しい合間を縫ってなかば無理やり(笑)、宮野監督も参戦してくれました。
ありがとうございます。

カメラを持っていたので、初日の写真を撮ってきました。
フライヤーに写真を載せていないのですが、本日お休みの2名を除いた11名のキャストと、宮野監督とわたし。

心こめて、心届けるぞと。
ぜひ観に来てください。。。

稽古初日!
上段:金児、額賀、里中、神崎、吉川、山下
中段:大貫、柳、賢茂
下段:宮野監督、わたし、谷村、増田
| main | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://sako.kanikuso.net/trackback/1301058
このページの先頭へ